本文へ移動

理事長ブログ

理事長のブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

会いたいな

2020-08-11
会いたいな                                
 
デイ愛甲原は2003年に開所した。
 
当時の利用者様は戦争体験の方々で様々な体験談をお話ししてくださいました。
 
・朝鮮の日本統治時代、朝鮮で学校の先生をしていた。今も当時の朝鮮(今は韓国)の生徒から手紙が送られてくるんですよ。
 
・僕は南京大虐殺といわれているその場にいた。今、言われていることとは違うんだ・・
 そして、ときどき戦争中の子どもたちが唄った歌を唄ってくださった。
 
・私は満州でソ連軍が攻めてきた時に聞いた女性たちのかなしみの声や悲鳴が耳から離れない。
 
・特攻隊で出撃する準備をしていたが終戦を迎えた・・ などなど
 
その中で1915年大正4年生まれT様
「僕はね『涙そうそう』が胸に染み入る。戦時中シベリアに抑留され日本に帰還したら息子が空襲で亡くなっていた。
その時、女房を責めたんだ。涙そうそうは・・」
 
私はデイ愛甲原を開所してから多くの方から歴史体験を耳にしてきた。
 
この8月7日 今年度まちづくりに寄与してくださる東京工芸大学の学生さん3名
風の丘に立ち寄り利用者様に庭からご挨拶 
今、風の丘の入居者様はお孫さん,お子さんなどご家族になかなか会いにくい。
学生さん達もお爺ちゃん お祖母ちゃんに会えるかな・・
会いたいな 涙そうそう・・

感謝申し上げます。

2020-07-20
 
 
応援の気持ち 心より感謝申し上げます。
 
◎産業能率大学 三浦ゼミの皆様
 新型コロナウイルスの為、風の丘入居様とご家族の面会が困難になっている中、下記2点の応援をいただきました。
 
・ ご利用者様と家族を繋ぐ「風の丘通信」の原稿作成
・ 風の丘や高齢の皆様にむけた健康体操の動画作成←このHPのトップに動画をあげています。
 
 
◎ 特別定額給付金を複数の方から寄付を頂きました。
 
◎ それぞれの立場で心を寄せて下さっている地域の皆様から 応援の気持ちを頂いています。
 
 
 
皆様ありがとうございます。 心に染み入ります。
 
              川上 道子
 
             
★ 当法人で行いましたウイルス対策研修の様子です。
           上を指す人差し指(手のひらが手前)クリックしてください

『ありがとう』 『有難うございます』

2020-05-27
有料老人ホームがある風の丘は5月の連休 訪問のお医者様や訪問看護が手薄になった。
その状況の中で、風の丘入居の90歳を超えられているA様が体調を崩され急性期病院にお連れした。そのまま入院。
その後、病院から遠くにお住いのご家族のもとに療養型病院に転院なさってはとの提案があった。
ご家族もご本人も熟慮され、最終的に風の丘に暮らされることを選んで下さった。
昨日、退院され風の丘に戻られた時は、眠りの中にいたA様。
今朝お会いした時、そばにいた施設長に、
A様涙を浮かべ「ありがとう」と手を差し出し、互いに握手をした。「ありがとうございます」
住み慣れた町・なじみの人・信頼できる人と最後まで暮らし続けたいのよ。
が胸に響いた。
 

マスクリレー

2020-04-14
A様からマスク届きました。職員と地域の方々で使わせていただいています。
CoCoてらすでデイ愛甲原や風の丘の縫物ボランティアをして下さっているA様から
「自宅でマスク縫いますよ。」とお声をかけていただきました。布は以前、地域の方から寄付して頂いた布など
上記の布製マスクを差し上げた地域の方。今度は浴衣の反物を下さり、縫い手の方にお渡しします。
上記の布製マスクを差し上げた地域の方。今度は浴衣の反物を下さり、縫い手の方にお渡しします。

雨岳文庫 山口匡一様から

2020-04-01
伊勢原市上粕屋在住の山口匡一様(雨岳文庫)から愛甲原住宅(伊勢原市高森台・厚木市愛甲西2丁目)への思いが届きました。
山口様とは15年程前からご縁を頂き
「NPO法人一期一会」をご支援いただいています。
山口匡一様に、以前、平安な社会を築くために愛甲原住宅の役割は?
とお尋ねしたことがあります。
 この3月25日に以下の文を「高森台の四季」としてメッセージ山口様より頂きました。山口様の相模の国(伊勢原も含む)周辺に対する思いが情景とともに伝わります。
山口様の了解を得、皆様にお読みいただきたいと共有させていただきます。
 
                         川上道子
 
 
TOPへ戻る