本文へ移動
法人のカタログはこちら
特定非営利活動法人 一期一会
〒259-1115
神奈川県伊勢原市高森台3-10-28
TEL.0463-97-0015
FAX.0463-97-0018
0
2
7
9
8
3

理事長ブログ

理事長のブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

かぜのおかぞく

2016-08-06
 今日は71年前、広島に原爆が投下された日。
昨年、風の丘入居者の方から「投下された日や終戦記念日には黙とうを捧げたい」(風の丘ではちょうど、朝食と重なる時間の為)と伝えられたことを思いだして私は朝7時45分に風の丘に走った。
 
 今年3・4・6・8月、隣国の中国・韓国から、当法人の視察と取材などを受けた。
中国からは「団地・ニュータウンで生き切るために」中国や日本のまちづくり研究者の皆様へプレゼン。
「高齢者の尊厳ある生き方を支えるコミュニティづくり」の視点で北京からの視察団を受ける。
 
韓国からはKBSテレビスペシャル「エイジング・イン・プレス(地域居住)」の番組を制作するため「住み慣れた地域で最期まで尊厳を持って生きる事を応援する」ことを理念として活動をしている当法人の取り組みをよい事例として紹介したいと取材を受けた。
 
 これらのお蔭で世界共通「出来るだけ幸せに暮らせる地域・場とはと」深く考えさせていただくことが出来た。
「CoCoいきましょ会」メンバーの一人からは暮らしやすい地域・場には「寛容と多様性を尊重する」と教えて頂き。
先日の第10回リレー講座講師の方の「リレー講座を終えて」の文のなかに、「君の意見には賛成できないが、君がその意見を言う権利は命に換えてでも守る」と先人からと教えられたと書かれていた。(当法人HPの地域福祉・CoCoいきましょ会ブログをご覧ください)
本日、リオオリンピック開会式で「多様性を喜ぶ」と宣言の中の言葉がテレビから流れた。
 
 数日前、風の丘の地域向け特別室に、体調を崩され急遽泊まられている近隣の方を、入居者の皆様が囲んで「あら奥様にお世話になりました。」・「小田急線でよくご一緒になりましたね。」などと話されている様子を見て、私が「地域家族??」と発したところ。
 
 入居されている方から『「かぜのおかぞく」でしょ。』
 
深く学ぶ・・多様な人たちと顔見知りをつくる。

CoCoカフェ 地域の居間 ダイニングルームとなる

2016-06-17
CoCoてらす ある日の1日
 
朝9時 CoCoカフェ オープン 
    CoCoいきましょ会メンバーがマスター
   
  そこに 今年、息子夫婦と同居のため、東京から引っ越してきた70代後半の女性でCoCoカフェの掃除やウエスを作るなどのお手伝いをしてくださる方登場

2016-06-17
10時CoCoいきましょ会メンバーが最近作った画廊の相談
 
  
 よろずやさんと愛甲原ショッピングセンターの通路にCoCoいきましょ会の方々が作った地域の画廊

2016-06-17
11時 町の音楽家たちが次回夜鍋会で演奏する曲目の相談
 
 
 
 
 
午後13時30分
 CoCoいきましょ会運営
歌声聞こえる♪ 抹茶カフェ オープン

2016-06-17
 集まった方々、30代で引っ越してきてそろそろ80代
「買い物は厚木市駅や平塚まで、大変だったわねー」
「そこで、婦人部のみんなで「よろずやさん」を誘致し・・」
当時の思い出を話しながら その時代の歌を唄う♪
 
 
町のダイニングルームは地域の皆様の力で創られていく☆
TOPへ戻る