本文へ移動
一目でわかる 一期一会の事業
法人のカタログはこちら
特定非営利活動法人 一期一会
〒259-1115
神奈川県伊勢原市高森台3-10-28
TEL.0463-97-0015
FAX.0463-97-0018
0
3
9
9
3
2

理事長ブログ

2024年 津崎記念日

2024-02-27

2024年2月17日 津崎記念日

百万本のバラ の唄が好き♪

「百万本のバラ」がヒットしていた頃

柔らかな日差しの中(津崎さん宅)で

津崎能子様が私に「百万本の唄が好き」と仰った。

その時の姿が今も鮮明によみがえる。

 

時は過ぎ・・2月17日開催した津崎記念日報告を考えてた時。。。。

 

テレビから「百万本のバラ」の唄が流れてきた。。

 

2月23日 BS NHK  

“百万本のバラ”はどこから そして どこへ~加藤登紀子

・加藤登紀子ジョージアの記録から一部抜粋・・

百万本のバラはバルト3国のラトビアで悲しい子守歌として生まれ、その後、ロシア語の歌詞がつけられ、旧ソ連で大ヒットしたラブソング。

加藤さんは自ら日本語に訳し、40年近く歌い続けてきた。国を越えて人の心をつなぐ歌と思ってきたが、いま、「“百万本のバラ”はロシアの歌だから歌えない」という声が高まっている。「私はこの歌の何を知っていたのだろう」。

加藤さんは、モチーフとなったジョージアの放浪画家の絵、作詞した旧ソ連の反体制の詩人の足跡などを辿りながら、自らを見つめ直す。

満州で生まれた加藤さんが二歳の時に引き揚げ、二十二歳で歌手になり、やがてこの曲と出会う・・

※ジョージアは東と西の文化の交差点。何千年も戦いが頻発する場所

 

津崎夫妻は第2次世界大戦時、中国に赴任。敗戦後、中国・韓国の人々に支えられながら帰国した。とよく話して下さった。

 

能子様は「百万本のバラ」の生まれた背景を承知されていただろうか。。

 

「住み慣れた町で 信頼できる人と 最後まで暮らしたいの。」

 

が胸にしみいる。

TOPへ戻る